2006年流行語大賞に「イナバウアー」「品格」

「イナバウアー」と「品格」が流行語大賞に!

2006年のユーキャン新語・流行語大賞が発表され、「イナバウアー」「品格」が大賞に選ばれました。

「イナバウアー」と言えば、トリノ五輪金メダリストのプロ・スケーター、荒川静香さんの技。これに対して荒川静香さんは、ビデオで「トリノでは記録より記憶に残る演技をしたいと思っていましたが、本当によかったです。」とコメント。

「品格」で受賞した数学者の藤原正彦さんは、昨年11月、新潮社から「国家の品格」を出版し、売上200万部を突破しました。

流行語大賞の入賞は「エロカッコイイ」(倖田来未)、「格差社会」(山田昌弘・東京学芸大教授)、「シンジラレナ〜イ」(日本ハム・ヒルマン監督)、「たらこ・たらこ・たらこ」(キグルミ)、「脳トレ」(川島隆太・東北大教授)、「ハンカチ王子」(斎藤佑樹・早実高野球部員)、「mixi(ミクシィ)」、(笠原健治・ミクシィ社長)、「メタボリックシンドローム」(日本内科学会)です。


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。