ハーツクライが引退へ ハーツは「喘鳴症」だった…

ハーツクライの引退が濃厚になりました。

ハーツクライのジャパンカップでの走りは完璧でした。直線に入るまでは…。

ハーツクライは、ジャパンカップ出走時の馬体重は、去年の有馬記念優勝の時のプラス2キロで、500キロで万全の仕上がり。道中もキチンと折り合いがつき、直線はディープインパクトとの叩き合いになると誰もが思ったでしょう。

ですが、ハーツクライの結果は11頭立ての10着…。

ジャパンカップ後に、検量室から出てきたハーツクライのルメール騎手は「ノーパワー。4コーナーまでの感触はとても良かったんだ。どうしてあんなに急に止まってしまったのか?分からない…。言われている、のどの病気が影響したのかも分からない。」とぼう然とした表情で振り返りました。ジャパンカップ2週前の14日、橋口弘次郎調教師は、突然ハーツクライの「喘鳴症」を公表。同師は「どう影響するかはファンの方々の判断にお任せしたい」と委ねていた。思いもよらない惨敗に、橋口弘次郎調教師は「申し訳ない。きょうの競馬を見ると、のどが影響しているとしか思えない。オーナーサイドと話し合っていないが、このまま引退ということになるでしょう。」と、現役引退の意向を明かしました。

ディープインパクトが有馬記念で引退をするので、古馬2強時代が終わるなぁと思っていたのですが、ハーツクライのひと足早い引退でディープ、ハーツの2強時代が終わりそうですね。


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


ディープインパクト復活!ジャパンカップ2馬身差で完勝!

ディープインパクトが再び、直線で跳びました!やっぱり強い!

ジャパンカップ(芝2,400m GT)が東京競馬場で行われ、単勝1.3倍という圧倒的1番人気であるディープインパクトが、最後方からレースを進めると、直線で馬場の良い大外に持ち出し、2着のドリームパスポートに2馬身差をつけ快勝!

ディープインパクトの勝ちタイムは2分25秒1。さらに1/2馬身差の3着に3番人気のウィジャボード。2番人気のハーツクライは、ディープインパクトから2.6秒差の10着と惨敗している。

ディープインパクトの今年の成績は、阪神大賞典(GU)、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)と3連勝。前走はフランスの凱旋門賞(GT)に挑戦し3着でしたが、禁止薬物が検出され、失格処分となっていました。

ディープの通算成績は、13戦11勝(海外1戦0勝、GT6勝、重賞9勝)。

ディープインパクトのラストランは、有馬記念。お見逃しなく!!

結果は下記の通りです。

1 ディープインパクト
2 ドリームパスポート
3 ウィジャボード
4 コスモバルク
5 フサイチパンドラ
6 メイショウサムソン
7 フリードニア
8 スウィフトカレント
9 トーセンシャナオー
10 ハーツクライ
11 ユキノサンロイヤル


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ジャパンカップ枠順決まる!ディープインパクトは6枠6番

ジャパンカップ(G1 東京競馬場 芝2,400m)で、ディープインパクトと日本馬が世界を迎え撃つ!(と言っても2頭しか外国馬はいませんが)

26日に東京競馬場で行われるジャパンカップの枠順が23日に確定し、昨年の三冠馬ディープインパクトは6枠6番、昨年の有馬記念勝ち馬のハーツクライは1枠1番に決まりました。今年、皐月賞と日本ダービーの二冠馬メイショウサムソンは、8枠11番。決定した枠順は以下の通り。

1枠 1番 ハーツクライ(牡5、C.ルメール)
2枠 2番 スウィフトカレント(牡5、横山典弘)
3枠 3番 ウィジャボード(牝5、L.デットーリ)
4枠 4番 ユキノサンロイヤル(牡9、田中勝春)
5枠 5番 トーセンシャナオー(牡3、後藤浩輝)
6枠 6番 ディープインパクト(牡4、武豊)
6枠 7番 ドリームパスポート(牡3、岩田康誠)
7枠 8番 フサイチパンドラ(牝3、福永祐一)
7枠 9番 フリードニア(牝4、T.ジレ)
8枠10番 コスモバルク(牡5、五十嵐冬樹)
8枠11番 メイショウサムソン(牡3、石橋守)


ディープが調教では一番良い時計を叩き出しているそうですが、凱旋門賞の残像が…。ハーツクライが昨年の有馬記念に続きディープインパクトを直線でかわしそうな気が…。


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

天皇賞(秋)回避のディープインパクト、ジャパンカップ(JC)出走へ!

ディープインパクトがジャパンカップ(東京競馬場、G1、芝2400メートル、11月26日)出走するようです。

ディープインパクトの天皇賞(秋)の出走回避発表後、池江調教師が今後のローテーションについて言及しました。

ディープインパクトの凱旋門賞での薬物使用問題について、フランスギャロの処分が出るのは11月末の予定で、ジャパンCが行われるのは11月26日。その時に処分が出ていない可能性があり、決着するまでは出走しないという周囲の見方もありました。

ところが、池江泰郎調教師は「薬物問題とレースを使うことは切り離して考えている」と、きっぱり否定しました。そして「ディープが引退するまで、あと2走しかありません。当然、現在ジャパンCに向けて調整を進めている」と語りました。

薬物問題については「いろいろと思うところはあります。でも、現段階では確信を持って沈黙するだけです」と、詳細が語られることはありませんでした。

それでも、ディープインパクトの調整が順調に進めば、ジャパンカップ(JC)、有馬記念の2走でファンの前に姿を見せることは確実です。年内引退へ向け、ディープインパクトの道筋がはっきりと見えてきました。

また、今年、史上7頭目の三冠馬(セントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト)への挑戦をし、菊花賞で4着に敗れた3歳のメイショウサムソンも出走予定です。

ディープインパクトに追いすがる馬がどれだけいるかが見ものです。


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ディープインパクトが年内で引退!

ディープインパクトが年内で引退すると発表がありました!

金子真人オーナーの意向として、ディープインパクトを年内で引退させるとの連絡を受けたとJRAが発表しました。年内の出走については未定ですが、引退後は種牡馬として、社台スタリオンステーションで繁養される予定です。

ディープインパクトは言わずと知れた史上2頭目の無敗の3冠馬で、昨年、皐月賞、日本ダービー、菊花賞を制し、今年も天皇賞・春で優勝。日本のG1レースで通算5勝を挙げています。

10月1日にパリ・ロンシャン競馬場で行われた、世界最高峰レースの一つとされる凱旋門賞では、圧倒的1番人気に支持されましたが3着に終わり、来年の挑戦も僕は期待していた矢先の引退発表で驚きました。

値打ちがものすごく高い時期に種牡馬にするんでしょうね。華やかそうで厳しいビジネスですからね。

秋競馬の出走はどうなるかは分かりませんが、天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念の3つに出走して欲しいです。


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

凱旋門賞、ディープインパクトは3着に敗れる!

競馬、凱旋門賞に挑んだ日本最強場のディープインパクト。

ディープインパクト 1.1倍
ハリケーンラン 15倍
シロッコ 11倍
プライド 14倍
レイルリンク 23倍
シックスティーズアイコン 37倍
アイリッシュウェルズ 45倍
ベストネーム 54倍

このオッズを見る限り、かって当たり前のレースのようですが、世界最高峰レースの凱旋門賞は甘くはありませんでした。

1着 レイルリンク
2着 プライド
3着 ディープインパクト
4着 ハリケーンラン

スタート直後、2番手につけたディープインパクト。良すぎたスタートで前からの競馬になってしまいました。すぐに、シロッコがディープインパクトをかわして2番手へ。ハリケーンランはディープインパクトの内側につけていました。

この格好のままレースは、最後の直線へ。ディープインパクトが先頭。シロッコはすぐに脚が止まり、ハリケーンランは、馬群にのまれ気味。

「これは勝った…。いや、脚色のいい馬が横に!何だ!この馬!」

残り100mで、レイルリンクにかわされ、50mではプライドにもかわされ3着。昨年の有馬記念以来の敗戦とともに、初めて連対を外しました。

レース終了後、レポーターの質問に対して、「残念ですね」と答えた武豊騎手。池江泰郎調教師は「また、このようなレースに参加したい」と話していました。

ディープインパクトは、まだ4歳。

来年もぜひ、チャレンジして欲しい!

故障には気をつけて下さい!僕が大好きだった馬たち、マヤノトップガン(調教中に屈腱炎を発症し引退)や、サイレンススズカ(レース中の故障で安楽死)みたいになったら泣いてしまうかも。


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ディープインパクト!世界へ羽ばたく、凱旋門賞、まもなく!

日本競馬界の至宝、ディープインパクトが日本時間の明日(2日0時35分)にフランス凱旋門賞に挑みます。

ディープインパクトが、日本のディープインパクトから、世界のディープインパクトに変わります!

シャンティー競馬場で騎乗した武豊は、ホッとした表情で言った。「ここまで晴れているだけでも良かった…」本来は雨の多いシーズンであるフランス。

1999年のエルコンドルパサーが2着の時は、前日の大雨のため、馬場状態は凱旋門賞史上最悪でしたが、今年は全く違います。スピードと切れ味で勝負する、ディープインパクト向きの硬い馬場で行われそうだ。

しかも、今年の凱旋門賞は、たった8頭立て。非常に少ない頭数になったことも、ディープインパクトを後押してくれています。

明日は朝早く起きないといけないのですが、ディープインパクトの歴史的勝利をテレビ観戦します!


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ディープインパクト、他陣営を黙らせた!

競馬界の最高峰レース位置づけられる、凱旋門賞に出場する日本代表、ディープインパクトの強さに他陣営も恐れをなし、黙り込んでしまったそうです!

凱旋門賞(10月1日、フランス・ロンシャン競馬場)の出走馬が決定しました。最終登録馬は、なんと8頭で、10頭を割ったのは1946年以来、60年ぶり5回目のことだそうです。

過去20年間で最高と言われる、メンバーのレベル高さを証明した形です。後方からの競馬をするディープインパクトにとって、馬群に紛れる心配もなくなり、さらに有利になりました。

最近10年間の平均出走頭数が15.3頭。競馬世界No.1を決める華やかな舞台に異変が起こりました。実に60年ぶりに走った衝撃。85回目を迎える歴史の中で1941年の7頭立てに次ぐ、2番目に少ない頭数が、今年の凱旋門賞のレベルの高さを、証明することになりました。

ディープインパクトの存在が、8頭立てになった大きな原因の一つですが、昨年度凱旋門賞優勝馬ハリケーンラン、昨年度ブリーダーズカップ・ターフ優勝馬シロッコの3強のビッグネームの出走に、勝ち目がないと感じた陣営が次々と出走を避けた結果がこういう事態を生んだようです。

少ない頭数になることを聞いていた池江泰郎調教師は「いいことだね。やはりスムーズに競馬できることが一番だから」とほおを緩ませた。

さあ、もうすぐ10月1日!

日本競馬界の至宝ディープインパクトが、世界のディープインパクトになります!


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ディープインパクト、凱旋門賞1番人気に推すブックメーカーも!

ディープインパクトが日本最強馬から世界最強馬へ…。

凱旋門賞出走のため、フランスに渡っているディープインパクトの人気は日を追うごとに上昇。凱旋門賞を勝てば1億ドル以上の種牡馬価値と評価された日本のスーパーホースに、英国では1番人気に推すブックメーカーまで出てきました!

ディープインパクトの人気の上昇ぶりはすごいです。最新の主要ブックメーカーのオッズでは、「ベットフェア」では、4.4倍でハリケーンランを抜いて1番人気のオッズを提示。「コーラル」では、シロッコと2番人気で並ぶ4倍をつけています。

現在、凱旋門賞には11頭の馬が出走登録されていますが、回避する馬が出てきそうなようで、10頭を割る可能性も出てきました。

後ろからの競馬をするディープインパクトにとっては、馬群にのまれたりする可能性が下がるということで、これはディープにとって追い風になりそうですね!


1日クリック!ご協力をお願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。